沿革

1935年(昭和10年)に、日本火工(現 日本冶金工業)は18-8ステンレス鋼の製造を初めて手掛け、戦後は、いち早く酸素製鋼法によってステンレス鋼の大量生産への途を拓きました。以来、弊社は、日本の成長と期を一にして、社会の様々な分野へステンレスを供給し続け、斯界のパイオニアとしてステンレス鋼の開発と生産を担ってきました。
今日、その長い歴史の中で培った豊富な経験、高度な技術を生かし、人々の生活を潤す一般材から、電子・精密分野を中心にした高機能材に至るまで、ステンレスの総合メーカーとして広く社会に貢献しています。

18-8ステンレスの初出鋼は「おかめの面」(昭和10年10月25日)

日本火工(現 日本冶金工業)は、昭和10年に川崎作業所を建設し、そこで弊社初の18-8ステンレス製品が誕生しました。
地元、川崎大師門前の出店で「おかめの面」を買い求め、これを弊社初のステレス製品の型にと持ち帰りました。その「おかめ面」を木型の代わりに用いて砂型をつくり、そこに50kg型誘導炉で溶解した18-8ステンレス鋼を注ぎました。まさに弊社のステンレス製造の歴史にとっての“初湯”を注いだのです。こうしてできた18-8ステンレス鋼製の「おかめ面」が弊社の製品第1号です。

Image: ステンレス鋼初出鋼の様子

ステンレス鋼初出鋼の様子

1925年(大正14年)
中央理化工業(株)を設立(消火器の製造販売)
1928年(昭和3年)
社名を日本火工(株)に改称(火工品)
1933年(昭和8年)
本社を「味の素ビル」に移転、川崎大師河原の土地買収開始
1934年(昭和9年)
川崎作業所の建設開始
1935年(昭和10年)
18-8ステンレスを初出鋼(高周波誘導炉3基火入れ式・川崎)
1936年(昭和11年)
特種鋼・トム合金・ステンレス鋼の工業生産開始
1939年(昭和14年)
社章(双輪マーク)を制定
1942年(昭和17年)
社名を日本冶金工業株式会社に改称
1959年(昭和34年)
合金鋼・炭素鋼の生産中止
1960年(昭和35年)
欧米にステンレス鋼板の輸出開始(アトラス・スチール社と業務提携)
1964年(昭和39年)
計算センター(現 情報システム部)を発足
1966年(昭和41年)
通産大臣賞を受賞(計量管理優良工場-川崎)
1969年(昭和44年)
通産大臣賞を受賞(品質管理実施優良工場-川崎)
1970年(昭和45年)
労働大臣賞を受賞(優良職業訓練所-川崎)
1975年(昭和50年)
プラネタリーミル圧延技術をアトラス・スチール社に供与
1983年(昭和58年)
初の外債発行(4千万スイスフラン-約47億6千万円)
1985年(昭和60年)
創立60周年
1986年(昭和61年)
日本冶金工業連合厚生年金基金を発足
1989年(平成1年)
本社事務所を三栄ビルに移転
1993年(平成5年)
PM優良事業場賞を受賞(川崎)
1994年(平成6年)
TPM優良賞を受賞(大江山・金沢)
1994年(平成6年)
ISO9002の認証取得(川崎)
1996年(平成8年)
川崎製造所新熱間圧延機(NCHミル)を稼動
1999年(平成11年)
ISO14001の認証取得(川崎)
2001年(平成13年)
ISO14001の認証取得(大江山)
2003年(平成15年)
分社化を実施
2003年(平成15年)
ISO9001・2000年版へ移行(川崎)
2008年(平成20年)
AVS(真空AOD設備)設置
2009年(平成21年)
OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)の認証取得(川崎)
2010年(平成22年)
連結子会社である株式会社YAKIN川崎、株式会社YAKIN大江山、及びナスビジネスサービス株式会社を吸収合併

このページの先頭へ