プライバシーポリシー

当社は、保有する個人情報並びに特定個人情報を安全に保管し、正しく取り扱うことを重要な課題と認識し、以下に掲げる事項を常に念頭において、個人情報保護に万全を尽くします。

1. 法令・規範の遵守

当社は、個人情報(※1)並びに特定個人情報(※2)を取り扱う際に、個人情報並びに特定個人情報保護に関する関係諸法令及び規範を厳正に遵守いたします。

2. 個人情報並びに特定個人情報の利用

当社は、利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめ本人(※3)の同意を得た場合、および法令により例外として扱われるべき場合を除き、利用目的の範囲内でのみ、個人情報並びに特定個人情報を取り扱います。

3. 個人情報並びに特定個人情報の取得

当社は、個人情報並びに特定個人情報を取得する場合、適正な手段で取得するものとし、法令により例外として扱われるべき場合を除き、利用目的を、あらかじめ公表するか、取得後すみやかに本人に通知または公表します。但し、本人から書面で直接取得する場合には、あらかじめ明示します。

4. 安全対策の実施

当社は、取り扱う個人データ(※4)並びに特定個人情報を、利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つように努め、また、安全管理のために必要な措置を講じ、従業者および委託先を監督します。また、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ることなく、個人データ並びに特定個人情報を第三者に提供しません。

5. 個人情報並びに特定個人情報に関する権利尊重

当社は、保有個人データ(※5)並びに特定個人情報につき、法令に基づき本人からの開示、訂正等に応じます。また、本人からの苦情に対し迅速かつ適切に取り組みます。

6. 個人情報保護規程並びに特定個人情報管理規程の策定と実施

当社は、個人情報の保護に関する法令その他の規範を遵守した「個人情報保護管理規程」、並びに特定個人情報の安全管理措置に関して「特定個人情報管理規程」を策定し、これを、全役員・従業員に遵守させます。

(定義)

  • ※1;生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別できるものをいいます。
  • ※2;「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)に基づく社会保障・税番号制度における個人番号をその内容に含む個人情報をいいます。
  • ※3;個人情報によって識別される特定の個人をいいます。
  • ※4;個人情報データベース等を構成する個人情報をいい、個人情報データベースのほか、紳士録のように特定の個人情報を容易に検索できるように体系的に構成したものとして政令で定められたものをいいます。
  • ※5;開示、内容の訂正等の権限を有する個人データであって、その存否が明らかになることにより公益その他の利益が害されるものとして政令で定めるもの、または、6ヶ月以内に消去することとなるもの以外のものをいいます。

平成27年12月15日

日本冶金工業株式会社
代表取締役社長 木村 始
(初回制定) 平成17年4月1日

このページの先頭へ