高耐食鋼・合金

NAS 354N (UNS N08354)

- Super Austenitic Stainless Steel

NAS 354N(UNS N08354、ASME Code Case 2585-1)は、従来のステンレス鋼よりも、一段と耐食性に優れ、ニッケル基耐食合金並の耐孔食性、耐すきま腐食性を有する高耐食オーステナイト系ステンレス鋼です。当社では板、帯を供給します。

製品資料

NAS 354N製品情報 (PDF 265KB)

  • NAS規格NAS 354N
  • UNSN08354
  • EN / DIN
  • JIS
  • 主要成分23Cr-35Ni-7.5Mo-0.2N
加工
イメージ

厚板

加工性 冷間および熱間加工は、SUS 304、316等の標準オーステナイト系ステンレス鋼とほぼ同様ですが、冷間加工、熱間加工とも強度が高いことに対する留意が必要です。
溶接性 溶接は、標準オーステナイト系ステンレス鋼と同様、被覆アーク溶接、TIG溶接およびプラズマ溶接が可能です。溶接材料はアロイ276を用いて下さい。
切削性 高ニッケル含有ステンレス鋼の特徴として、切削性は標準オーステナイト系ステンレス鋼に比較して難しいといえますが、ニッケル基合金よりは容易です。切削工具はなるべく超硬工具を用い、送り速度を遅くし、切り込み深さを大きくするのが得策です。
熱処理 NAS 354Nは、オーステナイト系ステンレス鋼ですから、熱処理も標準オーステナイト系ステンレス鋼に準じます。通常用いられる固溶化熱処理条件は、1125~1175℃水冷です。
酸洗 酸洗は、硝酸−弗酸の混酸を使用しますが、SUS 304に比較して耐食性が高い分だけスケールは若干落ちにくいので、酸洗前に短時間のアルカリ浸漬を行うか、またもし可能ならばショットブラストをかけると非常に有効です。
用途
  • 海水環境:海水使用熱交換器、海洋構造物等
  • ゴミ焼却:ガス化溶融炉等
  • 食品プラント:マヨネーズ・ドレッシング製造装置等
  • 各種センサー類

関連情報