川崎製造所内での海洋環境を模擬した暴露試験

EXPOSURE TEST STATION SIMULATED MARINE ENVIRONMENT AT KAWASAKI PLANT

テストプラントによるデータ採取

海洋環境を模擬したテストプラントにて基礎データの採取を実施しています。実構造物を作製するにあたり必要となる溶接部も含めた評価を継続しています。

海水暴露試験場

試験体(ステンレス鋼鋼管杭カバー)

飛沫部

干満部

海中部

暴露一年後 NAS 254N NAS 185N SUS 316L
海生生物
付着状態
海生生物
除去後

すきま腐食なし

すきま腐食なし

すきま腐食発生

暴露
一年後
海生生物
付着状態
海生生物
除去後
NAS
254N

すきま腐食なし

NAS
185N

すきま腐食なし

SUS
316L

すきま腐食発生

各種ステンレス鋼鋼管杭の溶接部表面。スーパーステンレス鋼は溶接部を含め、フジツボ等の付着した下でもすきま腐食は発生せず、優れた耐海水性を有します。

その他の試験

さまざまな鋼種の実環境での耐食性を調べるため、海水暴露試験場内にて、小片の暴露試験も実施しています。

大気暴露試験

海水噴霧試験

関連情報