海洋鋼構造物

MARINE STRUCTURE

海洋鋼構造オーバーレイ

海洋鋼構造物は極めて厳しい環境下に置かれるため、そうした構造物の建設には通常のステンレス鋼に替えて、Cr、Ni、Mo、またNを多量に含有させたスーパーステンレス鋼が使われます。日本冶金工業が開発したスーパーステンレス鋼(NAS 254NNAS 185N)は、耐食性が非常に優れ、寿命やメンテナンスにも利点があるトータルコストパフォーマンスの高い材料です。オーバーレイ用工法としては溶接工法やボルト締め工法などがありますが、いずれの工法にも対応できる優れた素材です。

海洋環境への耐性は、港湾空港技術研究所と共同で実暴露試験を実施しており、厳しい日射・激しい波風に曝されながらその景観を保ち続け、16年経過後も腐食が生じていません。(2018年現在)

海洋鋼構造物

港湾空港技術研究所
波崎海洋研究施設 観測桟橋にて(2002年開始)

試験開始

1年

5年

10年

16年

詳細情報

関連情報