ステンレス鋼

鉄は安価ですがさび易く、それを防ぐための表面処理やメンテナンスに時間と費用を要します。ステンレス鋼は、鉄に比べてはるかに「さびにくい」ことが特徴です。ステンレス鋼は鉄にクロムを10.5%以上加えることで、表面に緻密な酸化皮膜(不導態皮膜)を形成し、さびが生じにくくしています。日本冶金工業では、標準的なステンレス鋼のCr, Ni, その他成分を微妙に調整することで耐候性、耐粒界腐食、耐応力腐食割れ、高成形性、快削性、高強度、非磁性高強度、耐熱性等の機能に特徴を持たせた鋼種を提供しています。

NAS規格 UNS EN / DIN JIS
NAS 301 S30100 SUS 301
NAS 304 S30400
S30409
1.4301 SUS 304
NAS 305 S30500 SUS 305
NAS 316 S31600
S31609
SUS 316
NAS 317 S31700 SUS 317
NAS 301L S30103 SUS 301L
NAS 304L S30403 SUS 304L
NAS 347 S34700 SUS 347
NAS 316L S31603 1.4435 SUS 316L
NAS 317L S31703 SUS 317L
NAS 304MK SUS 304J2
NAS 304DJ SUS 304J1
NAS 304SS S30400
S30409
1.4301 SUS 304
NAS 303AM S30300 SUS 303
NAS 301N
NAS 304N2 SUS 304N2
NAS 309S S30908 SUS 309S
NAS 310S S31008 SUS 310S

このページの先頭へ